Menu

姿勢咬合

Home

姿勢咬合

姿勢咬合とは?

虫歯になりにくい体を作る!一生付き合いたい歯だからこそ

歯の噛み合わせは生まれた頃からの習慣で決まってしまうものです。正しい噛み合わせと正しい姿勢には深い関係があり、身体の軸が歪んでしまうと全身のバランスが崩れ、いろいろな部分に不具合が出てきます。
例えば、原因はわからないけれど肩こりがひどい、腰が痛い、胃の調子が悪い・・・など、身体の軸が歪むことでリンパの流れや血流が悪くなり、身体のいたるところに不調をきたしてしまうのです。

当院ではそういった姿勢と噛み合わせからのアプローチで口腔内の疾患を治療していきます。虫歯を削って詰めて終わり、そのような治療では根本的な解決にはならないと考えているのです。

姿勢咬合とは?

治療に関して

噛み合わせのずれによる影響

治療に関して

噛み合わせのずれは、口の周りの筋肉の張り・肩こりなども原因と考えられます。それも日々の生活からくるもので、デスクワーク・立ちっぱなしの仕事・重いものを運んだりする(歯を食いしばることが多い)仕事などをしている方は、腰のずれから姿勢も悪くなり、筋肉の張りや身体の歪みが噛み合わせのずれを引き起こします。

その他、外反母趾や握力がないといった症状なども歯には関係がないと思われがちですが、実は歯につながっていることが多いのです。

どんな治療をするの?

まずは患者さまの主訴をお聞きして、しっかり治療を行います。
それと同時に、患者さまのライフスタイルをお聞きし、姿勢の矯正も行ってまいります。姿勢の矯正には、ストレッチボードを使います。姿勢が歪んでいる患者さまが乗ると、バランスを崩してしまい、安定して乗っていることができません。
バランスよく乗ることができるようになると、自然と正しい姿勢になっていきます。

>>姿勢咬合に関してのよくある質問

姿勢咬合 姿勢咬合 姿勢咬合

姿勢と噛み合わせ、虫歯の関係

人間は、2本の足で歩行する生き物です。
直立の姿勢を保つためには、身体のいろいろな場所が関連しあってバランスをとる必要があります。

身体の一部のバランスが崩れていると、別の部分がそれを補うために余分な力をかけたり、正常ではないバランスをとらなければならなくなり、連鎖的に他の部分のバランスも崩れてしまいます。最後に崩れたバランスを調整するのは口腔内、つまり噛み合わせとなるのです。
では、噛み合わせが悪くなるとどんな不都合が生じるのでしょうか?最もよくあるのが、噛みやすい部分でいつも噛むことにより、歯垢がたまりやすい部分ができ、虫歯になりやすくなってしまうという不都合です。
姿勢の歪みは、自分ではなかなか気づきにくいもの。噛み合わせの専門家に診察してもらい、姿勢は歪んでいないか、噛み合わせは正しいかを知ることが重要です。

アップル・センコツくん

毎日4分間で健康のリズムを作ります。

アップル・センコツくん

アップル・センコツくん

人間の精神的、肉体的な健康の鍵を握る仙骨は、人体の中心に位置する骨です。仙骨は、健康な人ほど自在に動いています。
健康歩行器具「アップル・センコツくん」に乗ることで、快適なバイブレーション(波動)を起し健康を促進します。

アイ・デンタルクリニック診療時間

診療時間

※最終診療受付は18:30迄となります。 ◆休診日:祝日及び木曜・日曜 ◆急患の方はこの限りではありません。

アイ・デンタルクリニック

アクセスマップ

〒247-0056神奈川県鎌倉市大船1-11-22 アイビル3F
定休日:木、日,祝日
診療時間:10:00~13:30、14:30~19:00

診療案内